MENU

プロテオグリカンとの関係は


注目の成分のプロテオグリカンは糖タンパク質の一種で、糖とタンパク質の複合体です。
関節などの軟骨に含まれていて、関節をスムーズに動かす助けをしてくれます。
さらに皮膚にも含まれていてハリ・弾力を与える万能な成分です。

 

このプロテオグリカンがなぜ注目されているのか?

 

それは、アンチエイジングにかかせないEFC効果の高い若返り成分にあります。コラーゲン、ヒアルロン酸の産出を促進させて高い保湿力があるところと、この保湿成分が関節のクッションの役割にもなって変形性関節症の症状を緩和させる効果のためです。

 

若返りは皮膚だけでなく骨まで効果があって、炎症を抑えて痛みを緩和させてしまいます。

 

この大切なプロテオグリカンは、グルコサミンのアミノ酸によってつくられます。
一方コンドロイチン、ヒアルロン酸はプロテオグリカンの構成成分に含まれています。
グルコサミン→プロテオグリカン(コンドロイチン、ヒアルロン酸)

 

どれも私達にとって大切な成分ですが体内では合成できず、加齢とともに減少してしまいます。
そこでサプリメントや化粧品として、体内に補っていく必要がありますのでプロテオグリカンサプリのランキングなどを参考にしてライフスタイルに合ったタイプのものを選ぶことをおすすめします。

2つの成分の役割の違いって


グルコサミンが存在しなければ、プロテオグリカンは作られることはないほど重要な成分です。
この成分はアミノ酸の一つで、グルコースというブドウ糖がアミノ酸と結びついたものです。

 

私達の身体の皮膚、爪、軟骨、靭帯、心臓の弁など全身の組織に存在し、細胞と組織を結びつける役割を担っています。この成分は私達の体内でも作られてはいますが、加齢とともに作られにくくなってしまいます。
そうなると、プロテオグリカンもなくなってしまいます。

 

コンドロイチンはプロテオグリカンの構成成分のため、グルコサミンによってコンドロイチンが生成され軟骨などの柔軟性を保っています。
コンドロイチンはグルコサミンと違いムコ多糖体の一種で、全身の臓器、皮膚、粘膜に存在していて水分を保つ働きをしています。

 

とくに、関節軟骨に多く含まれ骨の先端のゲル状の組織です。
軟骨はスポンジのような組織で、水分を必要とします。

 

そのスポンジに水分を与えキープする役割がコンドロイチンで皮膚や髪の毛の潤い成分として、また目の潤い成分として眼薬にも配合されています。

 

グルコサミンの軟骨の再生、修復と違いコンドロイチンは軟骨の分解を抑制して水分を保ってくれます
働きは違いますが、私達の身体にはなくてはならない成分です。